「『ファークライ5』の魚釣りは倫理に反し暴力行為を美化する」と動物愛護団体PETAが猛抗議

  • 2018.05.01
  • FPS
NO IMAGE
49656838953651fb1e8af6791d98a9bd-720x405


1: みやび ★ 2018/04/28(土) 23:59:45.73 ID:CAP_USER9.net
世界最大の動物愛護団体PETAが今月18日、人気FPSゲーム『ファークライ5』を名指しで抗議。
作中で描写される”魚釣り”は魚の倫理的扱いを無視するものだと主張している。

PETAの声明文より
https://www.peta.de/computerspiel-far-cry-5-peta-kritisiert-unethischen-inhalt

・『ファークライ5』では釣り竿を用いて様々な魚を釣ることが可能だ。これは倫理に反しているだけでなく、魚やその他の動物を捕まえ殺す暴力行為を美化するものと言える

・海洋生物学者Tanja Breining氏によると「罠におびき寄せられた魚は、数分から数時間も呼吸をさせてもらえず恐怖を味わう。その上で殺されるか、はたまた活き造りにされる瞬間まで苦痛が与えられる」のだ

・魚は”何か”ではなく”誰か”である。それぞれ個性を持つ好奇心旺盛な脊椎動物なのだ

・魚はチンパンジー、オランウータン、オマキザルよりも優れているとする知能テストの結果もある。魚は複雑な社会生活を送っており、時には親しい友情を抱くこともあるのだ

・そして何よりも魚は不安やストレス、そして痛みを感じている。フリードリヒレフラー研究所も「魚は痛みを感じるため、我々はそれに応じた扱いをしていくべき」と調査結果をまとめている

・娯楽で動物を殺すゲームは非倫理的だ。開発スタジオUbisoftはドイツ国内で今後このようなゲームの宣伝を行わないよう求める

http://yurukuyaru.com/archives/75936639.html

続きを読む